STAFF BLOGスタッフブログ

トップページ > BLOG > 注文住宅~階段について~
nagano 小泉

nagano 小泉

POSTED / 2021.10.01

注文住宅~階段について~

お家づくりの中で

アパートやマンションで暮らしていると

階段には特別感を持つと思います

歩けるようになったお子様は特に階段は大好きですよね

昔 階段とは1階と2階を行き来するための通路でしたが

ライフスタイルが変わって最近はリビング階段も一般的になり

通路としての役割に加え

家の空間デザイン全体に関わる存在になってきています

階段は構成しているそれぞれのパーツの名称と役割があります

①踏み面(ふみづら)

足を乗せる段の上面部分また奥行のことを指します

住宅の場合は建築基準法で15cm以上の有効幅が必要とされる

 

②蹴上げ(けあげ)

階段の1段分の高さは住宅の場合は建築基準法で23cm以下であることを規定

 

③段鼻(だんばな)

段板(踏み板)の先端部分のこと

滑り止めをつける部分もこの部分です

 

④蹴込み(けこみ)

段鼻から下の段の蹴込み板までの寸法

ここが長いとつま先が引っかかりやすくなり上がりにくい階段になります

 

⑤段板(だんいた)

踏み面の材料となる部分 踏み板とも言う素材は木 金属 樹脂など

 

⑥蹴込み板(けこみいた)

段板と段板の間を縦につなぐ材料

蹴込み板のない階段のことは透かし階段と呼びます

 

階段のかたちについては

◆直階段

まっすぐに上り下りする階段

住宅では高さ4m以下ごとに踊り場を設ける

 

◆かね折れ階段

途中の踊り場で90°向きを変える階段

床面積が狭い場合には重宝される階段になる

 

◆回り階段

90° あるいは180°向きを変える際に

30°または45°に分割した三角形の段板(踏み板)を設けた階段

円を描くように回って上り下りします

 

◆折り返し階段

踊り場で180°向きを変える階段

踊り場があるため比較的楽に上り下りができるメリットがある

 

◆らせん階段

らせん状に回りながら上り下りする階段のこと

平面的に最も少ない面積で設置ができます

中心にすべての段板(踏み板)を支える柱が必要になるため鉄骨製のものが多い

 

以上から階段はさまざまな要素で構成されています

家づくりのプランによって建物の構造や建築法規をクリアしてさえいれば

いろいろとセレクトできます

 

AB STYLE モデルハウスにて階段を取り入れた空間デザインを是非みてください

 

お気に入りの雑貨・家具と暮らす家

AB STYLE HOUSE  小泉

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

AB STYLE  長野店 ▼

〒381-0017 長野県長野市小島197

TEL:026-217-3400

AB STYLE 千曲店 ▼

〒387-0016 長野県千曲市寂蒔1060-2

TEL:026-214-2153

#新築#住まいづくり# リフォーム#おしゃれな家#無垢

#モデルハウス#trip#スーパーウォール

#長野市の家#中野市の家#千曲市の家#佐久市の家#階段

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

CATEGORY

NAGANO

    CHIKUMA

      お気に入りの雑貨・家具
      と暮らす家

      AB STYLEはお気に入りの雑貨・家具と暮らすをコンセプトにした
      新築住宅・注文住宅・建売住宅を作っている工務店です。
      長野市・須坂市・千曲市近郊で家づくりをお考えの方はぜひご相談ください。
      雑貨・カフェショップも併設。カフェのみのご利用もお待ちしております。
      家族の住まう家だから、おしゃれさだけではなく、機能性にも妥協はありません。
      長野の寒い冬も暖かく乗り切る高気密・高断熱。そして耐震性も。
      安心して快適に過ごせる家、という基本の上に、デザイン性を付加しています。
      建築中の検査やアフターサービス、各種保証も充実させているので、
      大切な家を、ずっと安心して愛着を持って住み続けていただけます。

      AB STYLEの家づくり